UR賃貸住宅の住人から届いた、日々の暮らし。
<わが家の掃除術編>

UR賃貸住宅の住人から届いた、日々の暮らし。
<わが家の掃除術編>

UR賃貸住宅では、住人から選ばれた「URアンバサダー」が、毎月Facebookページで暮らしの今を発信中。その中から編集部が気になった記事を再編集してお届けします。今回は「わが家の掃除術編」。

UR KANSAI
Instagram / Facebook

【簡単、節水、時短でノリモノ掃除】

バイクや車、自転車などの乗り物が好きな方なら一度はガレージが欲しいなと思いますよね。愛車の掃除をしたり、メンテナンスをしたり……夢、いや妄想が膨らむ、自分の秘密基地!

でも現実に目を向けると、団地暮らしとガレージは相反する要求。

わが家は上手く割り切りながら工夫して、ガレージなしでも趣味を楽しんでいます。

愛車の掃除に用意するものは、道具カバンと、15Lバケツ、雑巾だけ。必要に応じて油汚れを落とす洗剤やブラシを使いますが、基本的にはこの少ない道具で完結させます。掃除していると整備が必要な部分や調整箇所が見つかることもあるので、道具カバンには簡単な工具も入れておきます。作業するときの軍手は、防水性のあるラバー付きのものがおすすめ。

自転車はタイヤ交換まで、車・バイクは消耗品の交換まで、と割り切ります。それ以上のメンテナンスは、お店に依頼しています。

子どもたちも自分の乗り物を持っているので、一緒に掃除するのも教育に良いなと思います。
埃っぽさがなくなり、艶やかになった愛車で出発する瞬間は、とっても気分が良いです。

芝生の上で愛車のお掃除を楽しむKさん。団地暮らしの中で趣味を満喫するコツを教えてもらいました。

お掃除術というほどでもないのですが、わが家のいつもの掃除の様子を紹介します。

掃除はわりと好きなほうで、日頃から部屋をすっきり綺麗にしているつもり。でも床は毎日掃除していても、すぐに埃がたまります。

掃除は好きでも、面倒くさがりな私。床拭きはフローリングモップを使ってささっと拭き取ります。フローリングはもちろん、畳の部屋も畳専用のシートを使って簡単に!

特に今は玄関周りも清潔にしておきたいし、子どもが走り回るので、フローリングモップは頻繁に活躍しています。団地の部屋は段差がなく掃除がしやすいのでとても楽。

毎日の掃除は簡単に、ささっとできるのが一番だなぁ〜と思っています。

毎日ゆるっとこまめにお掃除して、上手に綺麗なお部屋を保つTさん。頑張りすぎないって大切なのかもしれませんね。

以前はモノであふれた生活で、掃除にも時間を費やす毎日でしたが、引っ越しを機に、掃除がしやすくなるようにライフスタイルの改善を試みました。

心がけたのはモノを減らすこと・シンプルに暮らすこと・毎日ちょっと掃除すること。

まず、キッチンのシンク周りには余計なモノは置かず、すっきりさせました。

床のファブリックスは、埃がたまったり汚れが取れにくかったりするので、思い切って敷くのをやめました。

それから毎朝出勤前に、フローリングシートで床全体をささっと拭いてから出かけています。家具の脚は、宙に浮かしたり、キャスターで動かせるようにしたりすると、掃除が楽になりました。気になったときにいつでも掃除ができるように、すぐ手の届く場所にコードレスの掃除機も設置しています。

このように工夫して、毎日少しの労力で、清潔を保てているように思います。

人それぞれライフスタイルが違いますので、正解はないと思いますが、一つの参考例としてご紹介させていただきました。

住まいを移し、モノの量と暮らし方を見つめなおしたYさん。少し変えてみるだけで生活習慣は大きく変わるんですね。参考になります!

記事をシェアする
関連記事
近くのまちの団地
住まい情報へ