HAT神戸から
街をウロウロキョロキョロ

[HAT神戸シリーズ]

HAT神戸から
街をウロウロキョロキョロ

2020年1月某日、編集部の総勢10人で HAT神戸・灘の浜 をスタートして、あっちへウロウロ、こっちでキョロキョロ。気になるスポットや場所を巡りました。この日のリサーチ結果も参考にしながら、HAT神戸の記事をつくっていきますよ。


33階建てのHAT神戸・灘の浜2号館屋上から東向きの眺め。気になる場所がいくつも見えるなぁ
※屋上の様子は ジャーナル記事 でも紹介
HAT神戸・灘の浜にある駐車場から見上げてみれば、そこはコロッセオ風
駐車場内にはちょっとシュールな看板も
市立渚中学校の校門横には生徒たちによる絵が。なんだかやけに上手っ
岩屋駅方向へ向かったチームは、店先で気になる灯籠と遭遇
この柔道教室の張り紙、街のいたるところにありました。「明日から来なさい」のコピーが力強い
きれいに刈りそろえられた兵庫県立美術館横の植え込み。時節柄、ミルクボーイの角刈りに見えてきた。「こんなんなんぼあってもええからね」
階上からの落下防止の庇(ひさし)なんですが、とても堅牢かつデザインされたつくり。URルネシティ脇浜町の駐輪場入口
ジャングルジムに閉じこめられた遊具。イメージはPerfumeなのか!?
パンダ先輩! 先のジャングルジムとともに、西郷川河口公園におられます
「アンニュイな朝のひととき」のポーズがすぐにできる人
なぎさ公園の端っこにあるバスケットコートは24時間無料で開放
同じ頃、西郷川河口公園でも妄想シュートに励む人が。奇跡のシンクロニシティ
行き先が縦横に入り乱れる、歩道橋ジャンクション。摩耶ランプのあたり
ルネシティ脇浜町からさらに西へ。この道路を境に「春日野道」文化圏に突入
西求女塚古墳ではバリアフリーの工事中。古墳もそういう時代
JICA(国際協力機構)の外壁。アートワークのような見た目はシーリングの指示なのか?
HAT神戸で数少ない低層建築は市立なぎさ小学校。校内には火木土日に開放される市民図書室があるそう
春日野道商店街にたどり着いたチームは、ひと足早いランチタイム。店は〈マーボー飯店〉
マーボー飯店の3代目店主カン氏、青年会の会長さんだって!
HAT神戸と国道2号線の間は再開発のはざまエリア。ワンカップ酒が買える自販機があったゾ
そんな街のすみっこに1本の街路樹。根もとには昭和8年と刻まれた「皇太子誕生記念」の碑がひっそり
HAT神戸から東へ向かったチームのランチは西灘駅北側の〈まるやすラーメン〉。醤油ラーメン税込み440円!
もう1チームは、岩屋駅西側で早朝から営業する〈栄食堂〉。もりもりもりな日替わり定食にどうしたってこの顔になる
春日野道からHAT神戸に戻る道中で阪急電車の高架。「このアール部分がたまらん!」という設計部のオトコあり
阪急の高架下はとにかく絵になるなぁ
西灘駅の西側で2019年に開店したパン屋〈トクパン〉。よき店名
春日野道商店街まで行ったチームは結局、時間内にHAT神戸まで帰りつかず…
記事をシェアする
関連記事
近くのまちの団地
住まい情報へ