原田公敬さん
2022.03.02

    広島市の都心部ではさまざまな再開発事業が進んでおり、なかでも「基町相生通地区」の再開発事業では、UR都市機構が開発計画のコーディネーターを務めている。
    この再開発事業に関わる原田さんは、広島に生まれ育ち、広島市役所に就職して、約2年前からURに出向中。


    「市では市街地整備などの部署にいて、そこから代々、職員がURに出向しています。僕で6代目かな。再開発事業というのは、役所でもさまざまな部署が関わってくる話なんですね。上下水道や道路もあれば、公共施設のこと、地下に埋蔵文化が埋まってるかどうかの調査まで。そうしたいろんな部署との調整も担当しています」

    ―基町相生通地区の再開発事業、どのような特徴がありますか。

    「広島市でいえば、広島駅南口の再開発が大きな事業でしたが、2010年代には完了していて、役所内でもその経験のある職員が減っています。駅前の再開発と基町とでは大きく違っている面もあって、駅前は個人の地権者が多かったのですが、基町で関わりがあるのは大企業ばかり。意志決定の過程がかなり違っています」

    ―再開発の方向性は決まっているのでしょうか。

    「基町は、原爆ドームへも徒歩圏内のエリアですが、そもそも広島には宿泊施設が不足していて、宿泊滞在客が大阪や福岡に流れているというデータがあるので、新たに建設する31階建てビルにはラグジュアリーホテルを誘致する予定です。また広島市は、今、地区内にある元・市営駐車場を廃止して、歩行者優先となる街づくりも目指しています」

    ―そもそも市役所に入所されたのは、こうした仕事がやりたくて?

    「それはありました。ただ、役所だけで働いているとこうした市街地再開発事業の施行者として従事できることはあまりなくて。ですから、この出向はとてもいい機会になっています」

    ―広島で原田さんが気になる場所ってありますか。

    「西広島駅は駅舎が新しくなって駅前には芝生広場のあるコミュニティスペースができています。結構、広島市には映えるポイントが多くていい感じだなと思ってます」


    広島とUR都市機構
    一覧へ

    記事をシェアする
    関連記事
    近くのまちの団地
    住まい情報へ