[広島シリーズ]
広島でUR団地に住んでみるなら

鈴が峰をせっせと歩く

文:小島知世(LLC INSECTS)

実は最近、自分は坂がある町並みが好きだということがわかった。上がったり下がったり、その起伏を歩くことは町を体感しているようで、馴染みの道も歩くだけでちょっとした冒険に日々感じるからだ。ちょっとした達成感まである。日課の朝の散歩も、最短ルートでなく長い階段や坂道、なだらかな凸凹などを無意識に選んでいる自分に、数ヶ月歩き続けてみてようやく気づいたのだった。というわけで、もしも広島のURに引っ越すならば、私はぜひ鈴が峰団地に住んでみたいと思う。

坂の上にある鈴が峰団地は、もちろん駅までバスが走っているけれど、私はバスを使わず、坂道をせっせと歩いて生活したい。近くに建ち並ぶ住宅たちもどこかレトロな雰囲気を持っていたし、なんだか鈴が峰暮らしは、徒歩好きには楽しくなりそうな予感がする。

以前住人の方に教えてもらった、第6団地の近くから見える景色も忘れられない(この周りにある細い小径もちょっとした探険感アリ!)。

もしも……と想像すると、鈴が峰での暮らしが、なんだか少しだけ自分に近づいてきたような。次に広島へ行ったら、もう一度あっちのほうへも足を伸ばしてみようかな。その時は、近くにある国産杉の家具が揃う「WOOD PRO SHOP」で、床材や大きな食卓など、新生活の想像も一緒に膨らませてみたい。

坂と合わせて好きなのが、川を渡れる場所。なので鈴が峰団地に住んだら、中心地に行くときはJRでなく、広電に乗って川をじっくり渡りながら移動したいです。
鈴が峰エリアにあるWOOD PRO SHOPの周りを散策した時に出会った、窓がかわいい建築物。
ちなみにこちらは必ず散歩で通る坂道(大阪)。一見なだらかに見えるけど、最初の下りはわりと急め。坂のスタートに立つと、ジェットコースターの降下が始まる瞬間のような見晴らしが気持ちいい。

広島でUR団地に住んでみるなら
一覧へ

記事をシェアする
関連記事
近くのまちの団地
住まい情報へ