[広島シリーズ]
広島でUR団地に住んでみるなら

気持ちいい抜け感がある暮らし

文:こまさ

URで働き始めて早20年超。近畿・中国地方にある団地(昔は四国にもUR団地があったのですが今はない…)も、ほぼほぼ100%制覇しているワタクシ、ひそかに必ず行かねばと思っていた団地がありました。
それが高陽市街地住宅。

実は広島県内の数あるUR賃貸の中で、唯一、未到達の団地やったのです。10年来の夢を叶えるべく、今回は迷いなく高陽市街地住宅へ。

電車なら芸備線 玖村(くむら)駅。広島から20分弱で到着するこの駅、雰囲気すごい好きです。そして、今や絶滅危惧種だと思われるディーゼル車で1両編成でした。めっちゃ旅行感あるやん。駅前には土地区画整理事業の記念碑。太田川沿いの駅の辺りはホンマにほっこり。

生活するなら車メインになるかなぁということで、今回は車で行ってみました。広島駅から20~30分くらい。大半が太田川沿いの気持ちいい抜け感を感じられる広い道路を通って。結構チャリの人も多かったけど、こんだけ気持ちいい感じやと走りやすいやろうなぁ。川沿いには河川敷ゴルフ場が続いていて、調べてみると、ゴルフ場の端っこには北海道発祥のパークゴルフ場も! これは北海道好きの僕にはポイント高い(笑)。

広島って中心部はすっごい車が混んでいるイメージがあって、車で遠出したい僕からすると、中心部から少し離れていて、広島ICからほど近いこの高陽エリアはええような気がする。
団地はのんびりニュータウンの一角に。これまた抜け感がある、太田川と山々の風景が美しい。どうせ暮らすなら高層フロアがええやん、ええやん。今回あまり調べることなく行ったけど、目の前のバス停から、広島の中心地に向かう直行バスの本数がかなり多い!! これはポイント高い。

そして、僕の暮らすモチベーションとしては、おいしいご飯・スイーツがあること。
今回は、ミシュラン・ビブグルマンにも選ばれたことのあるうどん屋さん「地粉うどん わだち草」でランチ。三次(みよし)市で小麦と米を自ら栽培しながら、各地の食材をしっかり厳選して作られているそう。店内も木の感じが温かく、店員さんの接客もすごく気持ちよく丁寧な感じ。味はもちろん言うまでもないけど、基本はしっかりで、めっちゃ美味しいやん。これはヘビロテ確定級。
そして、そのほど近くにあるスイーツ店「菓子工房カプリス」さんで、お土産スイーツを買わせていただきました。町の喫茶店もほど近くにあるようで、気分転換もいろいろ出来そう。

中国地方のUR団地はこれですべて制覇! と思ったら、山口県にあるUR団地はまだ未到達の団地が2つあるので、必ず行かねば…。


広島でUR団地に住んでみるなら
一覧へ

記事をシェアする
関連記事
近くのまちの団地
住まい情報へ