[広島シリーズ]
広島でUR団地に住んでみるなら

山沿いの団地に住んでみたら…

文:すけぐち

本格的なリモートワークが始まって半年ほど。家で仕事をする生活にも慣れてきましたが、同時に、家の中で目を休め、気分転換できたらもっと快適な生活が送れそう…と思うようになりました。この欲望を満たしてくれるのは「眺めの良い窓」しかない!今回は、そんな窓に出会えそうな、広島市の山沿いの団地を訪ねてみました。


高陽市街地住宅へ

JR広島駅から芸備線で玖村駅へ。川に沿って走っているからなのか、淀川沿いを走る京阪電車出町柳行きに乗っている気持ちになりました。車窓を眺めているとあっという間に玖村駅に到着。思わずただいまと言ってしまうような、趣のある駅舎です。

団地までは徒歩10分ほど。丘陵地ということもあって、坂道が続きます。体がホクホクしはじめた頃、高陽市街地住宅が見えてきました。
住棟は7階建て。周囲に高い建物がないので最上階からは見渡し放題です。特に注目いただきたいのは、この山の近さ! 絵に描いたような美しい山々を間近で見ることができます。パソコン作業の合間に景色を見通せるので目にも優しい!

風景の話ばかりになりましたが、最寄り駅の玖村駅周辺には、お惣菜が充実したスーパーをはじめ、個人商店も複数ありました。この日は「菓子工房カプリス」で「豊島檸檬ケーキ」と「ochiai 2丁目の太陽」というお菓子を買ったのですが、どちらもレモン香る爽やか生地でびっくり美味しかったです。思わぬところで3時のおやつスタメンにも出会うことができました。


鈴が峰団地・鈴が峰市街地住宅・鈴が峰第6団地へ

鈴が峰エリアの最寄りは新井口駅。広島駅から何本もの橋を渡り12分ほどで到着しました。
改札を出て、少し坂を上ったところにあるのが鈴が峰団地。そこからさらに山側へ、ロボティクスな歩道橋を渡り遊歩道を歩いていくと、鈴が峰市街地住宅が、そのほど近くに鈴が峰第6団地がありました。

鈴が峰エリアのどこを歩いていても見えるのが、瀬戸内海。鈴が峰市街地住宅の共用部の窓からは素晴らしい風景が拝めました。厳島神社のある宮島も見えます。神戸の山手から見た風景にも少し似ているように思いました。

団地から5分ほど歩き、展望台のある鈴が峰公園へ。この場所からは団地内で見た景色よりもさらに壮大な景色を望むことができました。頃合いの良いベンチがあるので、Wi-Fiを持参すれば絶景リモートワークも夢じゃない!?

そして、公園のほど近くには、鈴が峰の登山口が! この日は時間の関係で断念しましたが、ここから30分程度で山頂にたどり着けるそう。思い立ったら登山できる、山好きにはもってこいの環境だなと思いました。

鈴が峰公園から20分歩いて新井口駅に戻り、少し時間があったので、動く歩道に乗って大型商業施設アルパークへ。館内にはスーパーや飲食店、雑貨屋、そして映画館も! 現在リニューアルが進められており、さらに便利になりそうです。アルパーク前で発見した「9689coffee(クロパグコーヒー)」のコーヒーを飲みながら鈴が峰を後にしました。


「眺めの良い窓」を探すべく向かった高陽エリアと鈴が峰エリア。どちらも坂が多く、買い物など日常生活の中で自然と体を動かせる環境でした。リモートワークあるあるの上位にランキングされる「運動不足」もばっちり解消できて、身も心も健やかな生活が送れそう…!
自宅でお仕事中のみなさん! 山沿いの団地、要チェックです!


広島でUR団地に住んでみるなら
一覧へ

記事をシェアする
関連記事
近くのまちの団地
住まい情報へ