[広島シリーズ]
広島でUR団地に住んでみるなら

食卓、劇場、図書館、餅屋

文:たけうち

部屋の平米数、間取り、築年数、最寄り駅からの距離。部屋探しといえばまず挙がってくる項目ですが、そんなことよりももっと大切なものがある! と感じている部屋探し難民も多いはず。

作家の大竹昭子さんと津村記久子さんは、本サイトで収録した対談記事(間取りと空間の話 大竹昭子×津村記久子)のなかで、朝夕の時間帯に部屋にどう光が入るかや、窓から見える風景、駅からの近さよりも幹線道路の信号を渡らずに帰れることを重視したいと話されてました。私もそういった数字では語れない、自身の生理や曰くいいがたい好みこそ部屋探しでは重視したく、まちがまとう空気の色や雰囲気も気になります。だけど、これ、人に説明するのはなかなか大変で…。では、どうするか。目星のつけた部屋にしばらく座りこみ(できれば試泊したい)、界隈をアテなく歩きまわるしか方法はないと考えます。

という前段の説明が長くなりましたが、今回は部屋に上がり込む機会はなかったので、廊下や階段などの共用部から周りを広く見渡した後、界隈を歩く&自転車で走るやり方をとりました。訪ねたのは白島北町、中広町の2団地。ごく限られた時間での散策でしたが、それでも個人的に魅力を感じたポイントをお伝えします。

白島北町
1 徒歩10秒でリバーサイドな立地
2 足もとに食卓
3 徒歩3分で劇場
中広町
4 都心であって都心から心持ち距離をとったような立地
5 近所に餅屋
6 3つの図書館に自転車圏内

では、白島北町から順番に。
1 徒歩10秒でリバーサイドな立地
団地の敷地からたった階段10段で、気持ちのいい旧太田川の土手へ。川沿いのルートを自転車で走れば、市街地へのアクセスもスムーズそう。
2 足もとに食卓
団地の1階店舗に「わたしの食卓」白島店が出店。最安の唐揚げ定食550円をはじめ、常時定食が20種以上。ありがたい。この日の日替わり定食は「豚肉と山芋のだし醤油炒め」でした。
3 徒歩3分で劇場
1ブロック北側に位置するのが広島県立文化芸術ホール。3分もかからないかな。2月はあいみょん、小泉今日子のツアーライブが予定されていました。

つづいて中広町のこと。
4 都心であって都心から心持ち距離をとったような立地
横川駅、西広島駅、中心街の紙屋町を結んだ三角形の中心に位置する立地は、繁華街の隣りまちという印象。きっとここに住んだら、酔いすぎても歩いて帰るのにちょうどよい距離、と人に説明するのだろうなと思います。
5 近所に餅屋
団地前の中広通りを南へ進んでいけば、「餅」という看板が目に飛び込んできました。なにしろ餅好きなものですから、迷わず豆餅5コ、おはぎ3コを購入。大変な美味でした。創業明治40年の名店「林の餅」。近所にパン屋もいいけど、近所に餅屋って最高なのでは。
6 3つの図書館に自転車圏内
中心部の中央図書館、こども図書館、横川駅前の西区図書館まで、自転車で10分ほどの距離。ちなみに中央図書館は館内蔵書が約85万冊、こども図書館は約20万冊、西区図書館で約7万8千冊だそう。これも個人的嗜好ですが、本に囲まれていると安心します。

広島市街は川をひとつ渡るたびに、まちの空気が更新されるようで、きっと毎日いくつもの川を越えて通勤、通学される方も多いのでしょう。どの川をどこの橋で渡るのが自分として気持ちよいのか。次回は、まち歩きを重ねてそんなことも感じてみたいところです。


広島でUR団地に住んでみるなら
一覧へ

記事をシェアする
関連記事
近くのまちの団地
住まい情報へ