コロナ禍の「おうち時間」で製作された作品を展示する場として企画された「UR香里文化祭」。感染拡大が収まらない中、結果的にウェブでの作品公開となってしまいましたが、応募作品を返却するタイミングでお話を伺うことができました。
絵画、書、陶芸、手芸、写真、ジオラマ…といった手づくり作品の魅力とともに、みなさんの日常が垣間見えるようなインタビューをお届けします。

取材は桜の季節、香里ヶ丘みずき街集会所、けやき東街第2集会所で行いました。

取材・文/竹内厚  撮影/坂下丈太郎

※UR香里文化祭の全作品はURコミュニティのサイトで公開中
http://www.ur-cm.co.jp/business/commu/sonota/rurg6a0000001cho.html

記事をシェアする
関連記事
近くのまちの団地
住まい情報へ