うめきた2期地区開発プロジェクトにかかわるシゴト

[PEOPLES]

うめきた2期地区開発プロジェクトにかかわるシゴト

大阪駅の北側に広がる約24ヘクタールの土地の開発を進める大阪駅北地区(うめきた)プロジェクト。 2013年に開業したグランフロント大阪を先行開発区域として、つづく第2期の工事が着々と進んでいます。

そんなうめきたの西端、グランフロント大阪から梅田スカイビルへと続く地下道の出口に芝生広がる「うめきた外庭SQUARE」があります。ここは、20年7月から23年3月までの1000日間限定で開かれた屋外広場にして、実証フィールド。“「みどり」のリビングラボ”をコンセプトにしながら、その企画や運営を担ってきた阪急阪神不動産株式会社の2人に話を聞きました。


うめきた外庭SQUAREで実現してきた企画

「MIDORIコレクション」「外庭音楽祭」「うめきた防災のチカラ」「道の駅MARCHE」「OSOTOでSPORTS」「SWEEP UP!」…などなど

「うめきた外庭SQUARE」公式WEBサイト
https://sotoniwa-uk.com/

取材・文/清塚あきこ 撮影/坂下丈太郎 編集/竹内厚

記事をシェアする
関連記事
近くのまちの団地
住まい情報へ