うめきた都市再生事務所 企画補償課
工藤祐希さん
2022.07.26

    ―うめきた都市再生事務所企画補償課とはどのようなお仕事でしょう。

    工藤:事務所全体の総務仕事と、うめきたの事業で発生する補償について担当しています。補償というのは、事業に関わるエリアで移動いただく必要のある地権者さん、お住いの方や会社さんなどがいらっしゃいますので、その方々とお会いして協議するのが仕事内容になります。

    ―うめきた=梅田貨物駅跡地の開発だと思っていたので、個々の地権者がいらっしゃるとは認識していませんでしたけど、そうなんですね。

    工藤:うめきた開発では、区画整理事業の一環として道路整備(地区を南北、東西に走る都市計画道路とそれに接続する区画道路)も合わせて行っています。そのため一部影響のある方も補償対象になっていて、まさに協議を行っているところです。昔から住んでおられるという方も多いため、事業の未来像をきちんとご説明しながら日々進めています。

    ―工藤さんは、うめきた都市再生事務所の前はどのような仕事をしていましたか。

    工藤:実はURへは中途採用で、以前は鉄道系の会社で働いていました。URに入社して4か月間、密集市街地整備課という部署で、道路幅を広げるなどの目的で木造家屋の買収などに関わってから、うめきた都市再生事務所へ移って3年目になります。URの仕事はよく「行政と民間の橋渡し」だと表現されますが、実際に働いてみると、コーディネイトという言葉で想像されるような働き方ではなく、汗かいて走り回っているという印象です。地権者さんとの交渉までURがやっているとは、私も働くまでは思ってもみませんでした。

    ―まちづくりの土台部分で動いてる感じですね。

    工藤:そうですね。開業後にできあがった姿からは思いもよらないような、その過程の部分を経験させていただいています。鉄道系のデベロッパー部門でも大きなビルを建てたりということはありましたけど、これほど地域に入りこみながら、まさに「まちづくり」をするという経験はなかなか持てないので、やり甲斐はとても感じています。

    ―うめきた2期地区の西端、梅田スカイビルのすぐ東側では、2020年から「うめきた外庭SQUARE」という場所もオープンしました。

    工藤:外庭は、UR所有地を利活用した、2023年度末までの1000日限定の実証実験空間です。うめきた2期地区のプロモーションや地域への賑わいの波及、コミュニティづくりを先行して進めていきたいという思いがあり、パートナー企業といっしょに場づくりを行っています。あえて天然芝と人工芝の緑地を設けて、来場者に違いを感じてもらったり、最新技術を体験してもらうなど、いろんな実証実験の場所にもなっています。 こうした地域と繋がるハブのような場を設けることで、ここで活動したい、ステージをやってみたいという声がたくさん入ってきました。まちづくりといえば、公共機関や大きな事業者がやっているイメージを持たれがちですけど、実際に関わってみたいという地域の方が多くいることを実感しています。

    ―まちの人こそまちづくりに関わりたい。

    工藤:「うめきた外庭SQUARE」を開いて、そのことはひしひしと感じました。毎月のマルシェイベントなども開かれて、週末はとてもにぎわう場所になっていますし、ここで出会ったまちのキーパーソンがこの先、コミュニティの核になっていくんだろうなと思っています。

    線路の向こうに見える2つの緑地が「うめきた外庭スクエア」。

    ―うめきた2期地区事業といっても、当然、その周囲に広がるまちとのつながりや関係も欠かせませんね。

    工藤:うめきた2期地区では「みどりとイノベーションの融合拠点」を大きな目標に掲げて、地区の中心に整備される都市公園に加えて、地区内にできるビルにも屋上緑化や壁面緑化などにより緑を確保することが定められています。これを地区内に留めるのではなくうめきたの周囲にまで広げて、みどりのネットワークをつくっていけたらとは考えています。新梅田シティの里山のような緑もすでにありますから。

    ―全体開業までの過程でなにか注目しておくとよいことってありますか。

    工藤:日々の進捗を見ていただくためのツールとして、インスタで発信を始めていることと、あとは、東西に抜ける通路の万能塀での展示内容を一新しました。これまでは界隈の歴史について提示していましたが、うめきたの将来像を伝えるような内容に変わっています。ぜひ多くの方に見ていただきたいです。

    うめきた都市再生事務所のインスタグラムは、工藤さんも「中の人」のひとり。
    https://www.instagram.com/umekita2ur/

    うめきた2期地区にかかわるシゴト
    一覧へ

    記事をシェアする
    関連記事
    近くのまちの団地
    住まい情報へ