<イベントのはなし>
その名も「廃屋大学」が開講です

空き家の再活用やリノベーションといった言葉のキャパシティを飛び越すかのように、荒れ果てた廃屋群の改装に着手している西村組・西村周治さん。神戸の奥座敷・丸山にあるバラックリンでの活動を紹介する記事を、「うちまちだんち」で公開しています。

そんな類を見ない活動を続ける西村組が、今度は「廃屋大学」を始めるとの一報が!
第1回は「廃屋を愛でる」というテーマで、産業遺産コーディネーターとして、マヤカンこと旧摩耶観光ホテルをはじめ、数々の産業遺産に関わる前畑洋平氏がゲストに登場します。

「廃屋大学」の目的は、ずばり廃屋の可能性を探求すること。
「廃屋を楽しんでる人が僕らの他にもいるはずだと思って、今後も廃屋を楽しむ、廃屋を活用する、廃屋に住むといったテーマでのゲストを予定しています。とりあえずは「はいおくだいがく」の響きがいいなぁと思って、感覚ではじめます!」と西村周治さん。

第1回の会場は、もちろんバラックリン。ここで実験的に開催して、次回以降はいろんな会場を使っていく可能性も見据えているそう。
まずは11月の金曜日、バラックリンで。夜の廃屋の雰囲気もあわせて楽しめそうです。

編集部・タケウチ


丸山バラックリンと
西村組・西村周治さんへのインタビュー記事

https://karigurashi.net/article/barrackrin/

丸山バラックリン写真記事

https://karigurashi.net/article/barrackrin-photo/


Info
廃屋大学 第1回「廃屋を愛でる」
日時:11月5日(金) 19時~20時30分
  会場:バラックリン(神戸市長田区長田天神町7-1-12)
参加費:1,000円 25歳以下700円 ※要申込・先着20名ほど、空きがあれば当日参加も可能 後日、有料にてアーカイブ動画の配信も予定
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSctJ9tG9awpIWP25XpP0W1OfovJJv19TsgP1GID9v3ZCNT-Jw/viewform
※外部のウェブサイトに移動します

近くのまちの団地
住まい情報へ