<制作日記>外へ!(2020年6~7月頃)

2020年春といえば、最初の緊急事態宣言が発令されました。私たち編集部(UR職員と編集者・写真家・WEBチームで構成)も3月から5月いっぱいまでは「うち」にも「まち」にも「だんち」にも訪問取材することができませんでした。

6月のはじめ。緊急事態宣言が解除され、距離を取りながら久しぶりの集合。そして「うちまちだんち」の特集記事を作る上で必ず最初にみんなで行う「まちあるき」を再開しました。今回は「淀川左岸のまち」特集。

カメラの位置が高めの編集者・竹内厚さん。
「まちあるき」の拠点はいつもどこかの団地の集会所を利用。今回は 都島リバーシティ。良いお天気。
こちらが噂のシェアサイクルHUBチャリ!と整列する姿を眺めたり。
城北川を眺めたり。
筆者です。久しぶりの外出に嬉しくなり、少しだけマスクを外して赤川町団地の通路で記念写真を撮ってもらいました。
中宮町団地。この中のどこかに編集メンバーが! 撮影一つ一つが楽しい。

こんな風にして12名のメンバーが班ごとにリサーチをして、それぞれのエリアのレポートを書いたものがこちら。

大阪リバーサイドで ウロウロキョロキョロ
城北公園〜毛馬編
https://karigurashi.net/article/osakariver-urokyoro-1/

大阪リバーサイドで ウロウロキョロキョロ
友渕町〜中宮編
https://karigurashi.net/article/osakariver-urokyoro-2/

梅雨の合間の晴れ間。
何だかみんな、ちょっとウキウキしている感じがするのは気のせいでしょうか。

写真・文:平野愛

近くのまちの団地
住まい情報へ