「千里グリーンヒルズ竹見台」
巨大スターハウス竣工外観写真

3年間の建て替え工事を経て、2020年冬、ついに完成した千里竹見台団地(現・千里グリーンヒルズ竹見台)の巨大スターハウス。筆者は建て替え前の2017年、最後の風景の写真撮影を担当していたこともあり、この完成を心待ちにしていました。

「建て替え目前の巨大スターハウスを見学」より
(2017.8公開/取材・文:吉永健一/写真・平野愛)
https://karigurashi.net/ours/takemidai/

今回は、竣工直後のこの時にしか撮れない外観の記録写真をお届けします。



<撮影後記>

“ぜひ竣工の記録を”と、UR職員の寺澤さんとともに向かったのは、残暑の厳しいある夏の日でした。特別に許可を得て、普段は入れない屋上から眺めた風景の清々しさは、今でもふと思い出すほど。少しの間だけマスクを外し、スターハウスとその周辺の新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込んでおきました。次回は「うち」取材を通して内観そして住空間へと迫っていきたいと思っています。

同時に建て替えとなったC10号棟は、新たに「201」号棟として完成
千里竹見台団地と吹田市立竹見台中学校のグラウンド
千里竹見台団地、南西エリアを望む

写真・文:平野愛(2020年8月~取材)

千里グリーンヒルズとは

千里ニュータウンはまちびらきから約60年を経て、豊かな住環境が成熟してきました。また、地区センターや住宅の更新も行われ、今なおアップデートを続けているまちとしても注目を集めています。現在、UR賃貸住宅では工事が進められている千里高野台団地のほか、いくつかの団地で建て替えに向けた準備が進められています。

工事完成後は共通の名称として「千里グリーンヒルズ」が使用され、すでに「千里グリーンヒルズ竹見台」と「千里グリーンヒルズ東町」がそれぞれ誕生しています。この名称にはニュータウン開発当初から続いてきたチャレンジやコミュニティ、緑あふれる屋外空間、そこでの暮らしが生み出すゆとりや心地よさを、さらにはぐくんでいく舞台としたい、という想いが込められています。

「千里グリーンヒルズ」については、近隣マップも収めたリーフレットが制作されました。より詳しくは、ぜひこちらをご覧ください。JR大阪駅桜橋口近くの地下連絡通路・千里中央駅中央北改札前にて配布中。
また、期間限定ですが2021年2月上旬から、淀屋橋駅の連絡通路、京阪京橋駅構内でも配布予定です。


<関連記事>

完成目前の動きはこちら
https://karigurashi.net/journal/greenhills-takemidai-1/

近くのまちの団地
住まい情報へ