<DIY部員のつぶやき>
泉北桃山台一丁団地「ももポート」にて、ナイトイベントを開催

さまざまなモノコトづくりに取り組む、UR若手有志職員を中心とした「UR-DIY部」の取り組みの一例を紹介します。

集会所の新しい使い方の試みを行っている、泉北桃山台一丁団地。
7月23日(土)に、団地内にあるコミュニティ形成拠点「ももポート」でナイトイベント『ももポートナイト!』が開催されました。

夜の団地を楽しんでもらうため、その日は「ももポート」も20時まで特別延長営業。
集会所をキッズルームとして開放し、集会所の中庭には噴水プールを設置。おばあちゃん、お母さん、お孫さんの3世代で楽しんだり、子ども同士で自由に遊んだりしていました。

また、広場にはキッチンカーが出店。「UR-DIY部」も焚火と火おこし体験のイベントを実施しました。日が落ちてからは、集会所のデッキをステージにして音楽の生演奏が行われ、焚火が灯す明かりと素敵な音色に包まれた空間が生まれました。普段とは少し違った夏の夜の団地を楽しみました。

焚火イベントは、安全を適切に確保し、イベント内でURが特別に実施しました。

今回は、特別に団地の共用空間で火を扱いましたが、じつは、事前予約制で住民が火を使うことができる団地もあります。
なんと、千里ニュータウンに位置する「千里青山台」団地には、BBQテーブル、箕面市に位置する「箕面粟生」団地には、集会所に設けられたBBQグリルの設備があるんです。

千里青山台 住まいリポートより。
https://www.ur-net.go.jp/chintai/kansai/osaka/80_1040_report.html
箕面粟生団地 BBQ場でのイベント紹介記事より。
https://karigurashi.net/ours/minoao-bbq/

緑に囲まれた共用空間の中で、いろんなことができる住まいって、なんだか素敵じゃないですか?
団地なら、そんな住まい方ができるのかもしれませんね。

文・DIY部ミヨシ

【関連記事】
前回の泉北桃山台一丁団地の記事
https://karigurashi.net/journal/hibi-2208/
過去のももポートの記事
https://karigurashi.net/journal/momoport/
千里青山台団地の紹介HPリンク
https://www.ur-net.go.jp/chintai/kansai/osaka/80_1040_report.html
過去の箕面粟生団地の記事
https://karigurashi.net/ours/minoao-bbq/

近くのまちの団地
住まい情報へ