明かりと団地の30秒

# #

集合住宅のいい時間帯って、案外夕暮れ時かもしれません。窓の明かりがぽつぽつと灯っていくのを見ているだけで、そこにある数々の暮らしを感じてホッとします。

この動画は、UR都市機構の関西若手5名が企画発案した、YouTubeでの30秒CM。団地の「明かり」をポップに見せてくれることで、日々のひとときにふと垣間みる「暮らしの実感」を思い起こさせてくれます。
撮影は大阪市内の「アーベイン東三国」「森之宮第2」「南港しらなみ」「南港わかぎ」の
4カ所。明かりはCGを駆使しているものの、最後のカーテンの揺れなどは、実際に舞台裏では扇風機を使って悪戦苦闘しながら撮影したそうです。
そのカーテンの団地は、来月4月3日にOURS.の桜の撮影会でもお邪魔する「アーベイン東三国」。団地の「桜まつり」に合わせて行いますよ。ぜひ遊びに来てください。

松川・記

桜の団地撮影会@アーベイン東三国[参加無料・申込不要]
2016年4月3日(日)11:00~13:00
https://karigurashi.net/ours/20160403/

Journal D

UR職員が団地内のいろんなお店を訪ねた「グルメD」。団地愛好家集団“チーム4.5畳”による、団地のイロハをゆかいに伝える連載「週刊4.5畳」など、さまざまな角度からダンチに迫ります。