Life

今日も団地では楽しい笑い声が聞こえます。人と人がつながる”団地暮らし”の魅力とは。

人と人がつながる 団地暮らしの魅力

一緒にわいわい!芋掘り体験でコミュニティの活性化01

2017年10月23日、浜甲子園団地のキッチンガーデン共同区画にて、さつまいもの収穫イベントが、浜甲子園保育所の子どもたちと共に行われました。


もともと花壇だった場所を、2010年から畑に変更。まずは、土壌作りからのスタート。

~毎年恒例「浜甲子園団地キッチンガーデンクラブ」が主催する『さつまいも収穫イベント』~

「浜甲子園団地キッチンガーデンクラブ」とは、2012年から自治会の有志により運営されているチームのこと。その中のメンバーで共同区画と呼ばれる共有の畑を、維持管理している人は10人程いらっしゃいます。


浜甲子園団地さくら街3号棟前に、共同区画はあります。

本日は、さつまいも収穫イベント。10時30分に近隣の保育園の5歳児組が芋掘り体験にやってきます。子ども達が掘りやすいようにと、スタッフの皆さんは30分前から土を柔らかくしたり、準備を始めておられました。


今年の5月に植えた苗がすくすくと育って、11月は収穫の時期。


共同区画メンバーの高見さん。『さつまいも収穫イベント』は初参加だそう。

高見さん「育てる野菜は、じゃがいも、たまねぎ、サツマイモが通常です。そらまめ、にんにくを育てたこともあります」


共同区画メンバーの武信さん。メンバーになってから5年目。

武信さん「共同区画は、地域のコミュニケーションを目的に、自然に野菜作りをしたらどうかという自治会のメンバーの発案により発足しました。まず土作りが大変でした。始めは細かった土をふるいにかけて、堆肥や腐葉土を20俵くらいは入れましたね。

今日芋掘りの後は肥料をいれて、1週間ほど畑を休ませます。次は玉ねぎの苗を250〜300本植えます。なるべく手のかからないものを植えるようにしています」

次へ

関連記事
近くのまちの団地
住まい情報へ